ヒネくれたアニメ感想やマンガ、レトロゲーム、ロボゲーのレビューなんかをやっていきます 
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

かんなぎ 第2話 玉音アタック! 感想

ちょっと遅いんですが、かんなぎの第2話の感想です。
思わず
すげえ!!
と叫ばずにはおれないクオリティでした。

第1話も、普通に良いデキでしたが、第2話は異質というか、ちょっとフルアニメ的な動き(手や顔、口などが部分的動くのではなく、体全体が動く、というような)が非常に多く見られました。
こういうぐにぐにした動きは多分ハルヒダンスなどもそうだと思うんですが、本編でこれだけやってしまうのは非常に珍しいと思います。

別にやろうと思えば、時間と金とやる気があればできない事ではないと思います。ただ、それだけ頑張ってもさして効果がない…お客さんに喜ばれない、評価されない、というのが事実で、敢えてやる意味がない、という感じだと思うのですが、このかんなぎ第2話ではかなり意図的にやっています。

で、これはなんでかな、と思うのですが、ひとつは目指すところが3DCGを使わずに可能な限り3次元的表現を追求してみるという事ではないかな、と。つまるところ、日本のアニメ特有の記号性の排除というか、軽減というか。

第1話の時に印象的だったシーンがあります
nagi002_convert_20081017001830.jpg
これはナギが居眠りをしているシーンですが、よく見ると寝汗をかいています。これを見て仁はムラムラっときてしまうのです。アニメや漫画においては「寝汗」というのは病気とか熱がある事を示す記号として扱われる事が多いですが、ここではエロ心を喚起するファクターとして扱われています。「汗=エロ」…アニメとかではあまり見られない発想だと思います。これは珍しいということ以上に、極めて「3次元的発想」という部分が特筆すべきシーンだと思います。
jin02-004_convert_20081017012808.jpg

ここからは2話の場面です。
布団の匂いを嗅いで赤面するのもちょっとアニメっぽくないですね。アニメって匂いとかを意図的に排除してるようなところがありますからw
nagi02-001_convert_20081017013629.jpg
モノ食ってる口のエロさとかも…

エロ以外では
jin02-007_convert_20081017014304.jpg
閉まりそうな重いドアを足で支えてるとことか。

jin02-005_convert_20081017013424.jpg
後ろの親子から感じるストーリー性や、信号で止まる車に、主人公たち以外にも等しく流れている時間を感じたりとか。


ここまでは感覚的な意味合いですが、空間的(?)なとこでは
jin02-001_convert_20081017010336.jpg
jin02-002_convert_20081017010356.jpg
jin02-003_convert_20081017010411.jpg
かばんをまたいで立っていて、それを避けてこちらに歩き出すという場面です。このキャプではちょっとわかりづらいので実際に動いているのを見て頂きたいのですが、明らかにかばんを避ける動きを足がしています。
例えばこれが実写であるならば、「敢えて」という場面ではないのですが、アニメである以上、意図があってそうしているわけです。あのかばんがあそこにある事にも、それを避けて歩く事にも意味はありません。

jin02-006_convert_20081017013449.jpg
作画的にはタッパーの蓋の「しなり」とかも素晴らしかった。(これも動いてるとこを見てください)

まだ他にも細かい動きはたくさんありますが、穿って見るならば単にスタッフが「俺たちはこんな細かいところまで気を遣って作ってるんだぜ」というのを見せたいだけ、ともとれるでしょう。
しかし、全体的な方向性を見るとリアリティの追求(=記号性の排除)みたいなものが随所に見られ、これらもその意図の表れであると捉える方が自然でありましょう。

結局、「演出」なんていうものは根本的にそうなのですが、よほどはっきりしたもの…つまりわかりやすいものでない限りは、その意味はおろか、作り手が意図しているかどうかも断定は出来ないものです。しかしながら作品全体を見た時に、意図的な「演出」ではないか、と思われるもの…つまりは「ひっかかり」が多ければ、作り手の真摯さがそこに見えてくるのではないかなと思います。

演出と言えば
nagi02-002_convert_20081017020027.jpg
サムネイルでは見づらいですが、反射鏡の中にナギの後姿が見えます。これは初めは単に変化をつけるための演出かな?と思ったんですが、多分「けがれ」視点なんですね。


まあいろいろとムリヤリ気味に小難しい見方をしてきましたが、今回はもう中盤のつぐみちゃんがかわいかったなあ~と
tsugumi02-002_convert_20081017021407.jpgtsugumi02-003_convert_20081017021441.jpgtsugumi02-001_convert_20081017021455.jpgtsugumi02-004_convert_20081017021510.jpgtsugumi02-005_convert_20081017021525.jpgtsugumi02-006_convert_20081017021540.jpgtsugumi02-007_convert_20081017021556.jpgtsugumi02-008_convert_20081017021611.jpgtsugumi02-009_convert_20081017021625.jpg
ちょっとムッとして、でも不機嫌なとこ見せたくなくて、目がキョロキョロ動いて…
いやほんとにやりすぎですw


にしても今回はナギのパンツが何度も出てきたんですが、結局はいてたのでしょうか、はいてなかったのでしょうか?つぐみが訪れた時は明らかにはいてなかったようですが…その後は…?
はいてなかったとしたら
nagi02-003_convert_20081017022322.jpg
これ大変な状況ですよwwwwwwwww


しかしまあお話は普通ですよねえ。だからこそ、スタッフの方々も別の部分で「何かしよう!!」って思ってるのかもしれませんね。
スポンサーサイト
 
Category | アニメ雑記 | かんなぎ
   02:26 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 
Comment
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
Trackback
 
http://zubatt.blog77.fc2.com/tb.php/8-757ed484
 
 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

マスター栄者

Author:マスター栄者
ますたあえいじゃと申します
理解の範疇を超えるような作品が好きです

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。