ヒネくれたアニメ感想やマンガ、レトロゲーム、ロボゲーのレビューなんかをやっていきます 
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

喰霊-零- 第10話 悲劇 裏 -ひげきのうら- 感想

喰霊-零- 第10話 悲劇 裏 -ひげきのうら- の感想です。

garei010-010-re.jpg
最後の"心"を断ち切る…
garei010-001-re.jpg
garei010-002-re.jpg
あの後でこの人たちですか…なんか萎えるなあ…
口の形も無性にウザいです。

garei010-003-re.jpg
冥の親父を、自分の父、奈落が殺されたのと同じように嬲り殺す黄泉。

garei010-004-re.jpg
紀之と対峙。そして自分を殺せ、と告げる黄泉。

garei010-005-re.jpg
garei010-006-re.jpg
garei010-007-re.jpg
桜庭を人質に、さらに挑発する黄泉。紀之を試しているのでしょうか?本心が見えません。

garei010-013-re.jpg
「殺して!!」
この涙の意味は…。
完全に悪霊化する前に殺してほしかった、という事なのでしょうか?あるいは自分を殺せない紀之の、自分への想いを確認出来たにも関わらず、もう戻る事が出来ないという悲しみでしょうか。

garei010-014-re.jpg
という事で、2話ラストまで戻ってきました。


いやー、まさかあのままの流れでいきなり1~2話の部分に戻るとは意外でしたね。
前回の時点では少なくとも神楽に対する怒り、恨みはあまり感じられなかったのですが、「よそ者」というコンプレックスから来る嫉妬が案外強かった、あるいは悪霊化によって増幅されたという事ですかね。あと、前回の神楽の態度から自分を100%信じてくれていたわけではなかった、と判断したというあたりでしょうか。あの場面の描写では判断つかないところではありますが。

正直、ちょっと食い足りないというか、もう少し何かあるのかな?と思ってたんですがね…。

あと、紀之に「殺して」と言う場面ですが、ここも解釈が分かれるところですね。
紀之に「除霊」ではなく「殺して」もらう事を、黄泉は救いであると願っていたのでしょうか?しかし紀之が殺せない、という事で、紀之の気持ちを感じる事ができた、とも言えますし、どうなんでしょうかね。

にしても神楽の同級生とかなんでいきなりしゃしゃり出てくんの?って感じです。いや、神楽が電話でもしたんでしょうがwなんかこう、釈然としませんねー。
黄泉がいなくなった後、神楽が多少なりとも立ち直るために何かないといけない、という意味で作られたシーンだと思いますが、あまり説得力を感じません。お前らに何がわかる!!みたいなw


次回はおっさんと黄泉が対決するのでしょうか…まあおっさんに勝ち目はないんでしょうが、それでムリヤリ神楽が白叡を継承する事になるんですかねえ…。
スポンサーサイト
 
Category | アニメ雑記 | 喰霊-零-
   01:22 | Trackback:3 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 
Comment
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
Trackback
 
http://zubatt.blog77.fc2.com/tb.php/62-6fdaee40
雅さん作↑ 突如病院から消えた黄泉。だが、未だその消息がつかめずに心配する神楽・・・。そんな中、紀之は黄泉の無実を晴らさんと一人調査を続けていた・・・。
2008.12.09 02:29
喰霊-零- 1(限定版) [DVD]クチコミを見る※今回は閲覧要注意です。ついに2話に繋がりました。今回はキャプするのが色々きつかった・・・桜庭アアアアアアアアアアアアア!!良い奴だったのに・・・いつも紀之との間に入ってくる邪魔な奴だと神楽には思われていたのが原因?...
2008.12.09 14:55
悪霊化して復讐劇の幕を開けた黄泉。そしていよいよ繋がる過去と現在。 しかしYOUさんはいったいなにを照らしたくてあんな方向にライトを向...
2008.12.09 16:36
 
 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

マスター栄者

Author:マスター栄者
ますたあえいじゃと申します
理解の範疇を超えるような作品が好きです

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。