ヒネくれたアニメ感想やマンガ、レトロゲーム、ロボゲーのレビューなんかをやっていきます 
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

レトロゲーム MD アリシアドラグーン

レトロゲーム、第5回目はメガドライブの「アリシアドラグーン」です。

ALI_convert_20081108003140.jpg
1992年にゲームアーツよりリリースされた本作は、同社の代表作でもある「テグザー」(FC版はスクウェアより発売)の後継作品と言えます。と言っても、受け継がれたのはいわゆる「全方位自動照準レーザー」くらいのものですが、このシステム自体をメインに据えている作品はほとんどないと思われますので、やはり後継作品と位置づけるのが妥当なところでしょう。

「テグザー」にはレーザー以外に「変形」というフィーチャーがありますが、本作は女の子が主人公のファンタジー物ですのでさすがに変形はしません。その代わり、というわけでもないのですが、4匹の守護獣みたいなもんをお供に引き連れて戦う事が出来ます。タイトルの「ドラグーン」もこのあたりから来ています。

さて、そうなるとその守護獣の使い分けがこのゲームの攻略の鍵になるかと言うと…別にそんな事はありません。もちろん常に戦いの手助けになってくれますし、特定の守護獣が特に有効という場面もなくもないですが、実質的にはあくまでも補助的な存在でしかありません。また、守護獣の種類を切り替える際に一度ゲームを止めなければならず、テンポを悪くしてしまうので大概はお気に入りの守護獣をずっと出しっぱなしにして、死にそうになったら変更する、というプレイになりがちでした。
ゲームオーバー、もしくはクリア後に、「称号」を与えられ、これには「マジックユーザー系」と「ビーストマスター系」の二系統が用意されているのですが、俺は一度たりとも「ビーストマスター系」の称号を受けた事はありません。もちろん、俺のプレイスタイルがそうだ、というだけかも知れませんが、おそらく普通にプレイして「ビーストマスター系」になる事はないのではないかなと思われます。

そうなると主力となる武器はテグザーでいうところの「自動照準レーザー」になるのですが、設定上これは「雷撃魔法」になっています。こういったアクションゲームの主人公は剣士が多いですし、魔法使いなんかも杖を振ると魔法が出る、みたいなものが多かったように思えますので、本作のようにかざした両手から稲妻が走るという演出は視覚的にはなかなか新鮮だったと記憶しています。

この雷撃にはテグザーのレーザーとは大きく違う点がふたつあります。
まず一つ目はいわゆる「溜め攻撃」にあたる、「フルパワーアタック」です。これは攻撃ボタンを押さないでいると、雷撃のレベルゲージが上昇していき、最大のところで攻撃すると360度全周囲に強力な雷撃を発する事が出来ます。これが雑魚戦、ボス戦共に非常に有効な攻撃になります。

二つ目は、攻撃し続けている(ボタンを押しっぱなしにしている)と、雷撃のレベルゲージが減少していき、0になると雷撃が出なくなってしまうという点です。連続攻撃できる時間が思いのほか短く、考えなしに攻撃しているとあっという間に「ガス欠」を起こしてしまいます。
ボタンを離すとレベルゲージはすぐに回復を始めますが、これがなかなか曲者で、全体のプレイ感そのものに関わる部分です。
「自動照準レーザー」は目の前にたくさんの敵が現れてもバリバリと一掃できる爽快感のあるシステムなのですが、本作の場合は「ガス欠」があるため、なかなかそうも行きません。雑魚でもそれなりの耐久力を持っている敵が多いのでなおさらです。さらに敵の攻撃も結構熾烈で、弾も速いので、回避は困難です。となると、こちらの戦術は非常に限られてきます。常に上記の「フルパワーアタック」が使えるようにしておき、少しずつ進んで敵が出てきた瞬間に倒す、というやり方です。もちろん慣れてくるとフルパワーアタックを使わなくても突破できる場面がわかってきますが、それでも基本戦術はフルパワーアタックに頼らざるを得ないのは確かです。
結局、様々な要素が絡み合って、見た目の印象とは違い、豪快に突き進むのではなく、安全を確保しつつ、慎重に進んでいくタイプのゲームとなってしまっています。この点に関しては否定的な意見が多いようです。俺は当時は疑う事もなく肯定的な立場だったのですが、確かにこれは欠点かもなあと思うようになりました。

本作は根っこの部分はよくできたアクションゲームだと思います。操作感は極めて良好ですし、ゲームデザインも「基本的には」間違っていないと思います。後半のボス戦(7面ボスとラスボス前半)はパターン作りがかなり熱いです。ステージ構成も非常にバラエティに富んでいて飽きさせません。
ただ、個々のシステムのバランス調整がちょっとうまくいかなかったのかな、と思ってしまうのです。
もう少し連続攻撃できる時間が長ければ…もう少し敵の攻撃を回避できるようなつくりであれば…フルパワーアタックの万能性がもう少し低ければ…色んな「たられば」を考えてしまうゲームです。

ところでこのゲーム、当時はそれほど感じなかったのですが、一般的にはかなり難度の高い作品として認知されているようです。上記のように、見た目が割と豪快な印象ですので、そういうつもりでプレイするとあっというまにゲームオーバーになってしまうかも知れません。また、雷撃パワーアップという、極めて重要なアイテムが若干隠しアイテム的な存在であるという事もいたずらに難度を上げてしまっているかも知れません。
ちなみに、俺は何度プレイしてもAランクの「THUNDER UNICORN」までしか取れませんでした。この上にあと4つほど称号があるのですが、とてもじゃないですが俺には無理ですね…。ちなみに「HARDモード」はマジで激ムズです。


さて、個人的に好きなゲームなんでもっと褒めたくても、どこかしら欠点が目立ってしまう本作ですが、BGMに関してはガチで名曲ぞろいだと思います。ニコニコ動画に全曲集的なものも上がっていますので興味を持たれた方は聞いて頂ければと思います。個人的には洞窟面後半とラスボス前半が最高に好きです。

BGMもそうなんですが、全体的な雰囲気作りはありきたりではありますが、よく出来ていると思います。なんでも設定協力(だったかなあ)にガイナックスの名前があって、影の薄い守護獣たちにもやたらと凝った設定があったりします。また、主人公アリシアのキャラクターデザインが「幡池裕行」だったりもします。まあゲーム中はよくわかりませんがw

ali02_convert_20081108015935.jpg
ali03_convert_20081108015952.jpg


というわけで、なんだか微妙な感じの紹介になりましたが、難易度高めなとこも含めていいところも結構あるゲームなので、アクションゲーム好きなら一度は触れて頂きたいとは思いますね。同じメガドライブでいうとそりゃ「バンパイアキラー」あたりの方が無難によくできてるんですけどw
スポンサーサイト
 
Category | レトロゲーム MD
   02:33 | Trackback:0 | Comment:1 | 
 
 
 
 
 
Comment
 
  [] #
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント  2013.03.12 Tue 20:05 [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
Trackback
 
http://zubatt.blog77.fc2.com/tb.php/39-46cdcd30
 
 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

マスター栄者

Author:マスター栄者
ますたあえいじゃと申します
理解の範疇を超えるような作品が好きです

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。